結露の原因を理解して対策しよう!ガラス屋さんでも対応します

窓ガラスの悩みを解決するには?トラブルを見よう! 窓ガラスの悩みを解決するには?トラブルを見よう!

結露は何故起こるのか

窓ガラスや人体へ様々なダメージをもたらしてしまう結露ですが、一体なぜこのような状態が起こるのでしょうか。

結露が発生する仕組みを理解しよう

温度計

結露は、気温と湿度の関係によって発生します。空気中に含まれる水蒸気は、気温が高いと多く、低いと少ない傾向があります。この気温と水蒸気の割合を表したのが湿度です。結露は、湿度が100%を超えたときに発生します。住宅の窓ガラスに起きる結露は、部屋の中の温かい空気が冷たい窓がガラスに触れることで水蒸気が冷やされて水滴になります。しかし、外の気温が同じでも部屋の中の湿度が低い場合には結露しない場合もあります。

身近にあるものから結露は発生する

ストーブやファンヒーター
室内で使用しているストーブやファンヒーターは灯油やガスを燃焼させて部屋を暖めています。しかし、この燃焼しているときにはたくさんの水蒸気を発生させるので、水蒸気が窓ガラスに当たり結露を起こしてしまいます。
室内干しした洗濯物
室内で洗濯物を乾かすと、洗濯物が乾くときに水分が空気中に出ていき、室内の湿度が上がります。湿度が上がることによって結露を起こしやすくなります。仕方なく部屋干しする際は、除湿器や換気扇を回すなど結露が起きないようにしましょう。
加湿器
冬は乾燥するからと加湿器を使用する人も多いでしょう。喉の乾燥などを防ぐためには加湿も大切ですが、使用しすぎは結露の原因となるので注意が必要です。必要なときだけ使用して、つけっぱなしを防ぐようにしましょう。
水槽・観葉植物
水槽や観葉植物も結露の原因になります。水槽は、中の水が蒸発して湿度を上げます。観葉植物は、人と同じように呼吸をするときに水蒸気も出します。趣味でおいている人もいると思いますが、結露の原因になることを覚えておきましょう。

まとめ

結露の原因となる水蒸気は以外と身近に存在するものから発生していることが多いです。結露のメカニズムを理解して対策をすることも大事ですが、ガラス屋さんに相談して窓ガラス交換することでも結露を防ぐことができます。

TOPボタン